01<>


 
静嘉堂とそのコレクションについて
http://www.seikado.or.jp
 
静嘉堂は、東京の多摩川に近い世田谷区の閑静な住宅街に位置している。緑につつまれた小高い丘の上に、円池をめぐって文庫(図書館)と美術館とが並び建つ。岩﨑彌之助(1851~1908、三菱第二代社長)と小彌太(1879~1945、同第四代社長)の父子二代が、明治10(1878)年頃から昭和20(1945)年頃にかけて収集した古典籍と美術品とを保存し、公開・研究する機関である。静嘉堂の名は、彌之助の書斎号で、《詩經》大雅•既醉篇を出典とし、祖先の霊前の供物が清らかで美しく整うことを意味している。 


岩﨑彌之助


岩﨑小彌太
 

文庫の創設は、明治25年(1892)頃、彌之助が漢学の師・重野安繹(号成斎)の修史事業を後援するため、図書を集めたことが契機となった。清朝末期の四大蔵書家の一人、陸心源の旧蔵書など、一括購入された個人の蔵書を核として充実を図り、昭和15(1940)年には小彌太が財団法人静嘉堂を設立し、自ら理事長をつとめた(2009年、公益財団法人認定)。現在の蔵書は、漢籍12万冊、和書8万冊。保存を主とした専門図書館として活動している。美術館は、明治初期以来の収集による東洋の古美術品約6500件を収蔵する。収蔵品には国宝7件、重要文化財84件(古典籍25件)、重要美術品79件が含まれている。

彌之助は、明治の西洋文明偏重の世相を憂い、東洋古美術品の海外流出を防ぐために収集を始め、絵画、書跡、陶磁、漆芸、茶道具、煎茶道具、刀剣など、幅広く作品を集めた。一方、小彌太の収集は、中国陶磁を系統的に集めた点が特色である。なかでも唐三彩や宋磁、清朝陶磁の作品群は、日本有数のコレクションをなしている。日本の国宝に指定されている「曜変天目」も昭和9(1934)年に小彌太が収集したものである。平成4(1992)年の美術館開館以来、所蔵の美術品・古典籍による企画展を年4、5回開催している。


国宝 【曜変天目】(建窯・南宋時代)